青汁がもたらす睡眠改善への効果とオススメの飲み方

気にかかることは心配なこと、不安なことがあるとベッドに入ってもなかなか眠れず、不眠の症状に悩まされる人も少なくありませんね。
数日で終わればよいのですが、それが恒常的になると不眠症になってしまいます。
不眠症が怖いのは、しっかり睡眠をとれないことで体に不調が表れるだけでなく、精神的にも様々なトラブルがさらに表れてしまうということ。
今回は、青汁がもたらす睡眠改善への効果とオススメの飲み方をご紹介します。

睡眠不足・不眠症改善にメラトニン

ストレスが多い、不安や心配などでなかなか眠れないだけでなく、忙しくてしっかりとした睡眠時間が取れないということも不眠症になる原因です。

不眠症というのは眠れないという症状だけでなく、眠りにつくのに時間が掛かる、眠っても睡眠が浅い、すぐ目が覚めてしまうなどの症状も指します。
また、朝起きるのが辛い、なかなか目が覚めないというのも不眠症の症状のひとつ。
こういった質の悪い睡眠は、心身ともに蝕み、様々な弊害をもたらします。
それを改善するために役立つ成分も、青汁にはたっぷり含まれているんですよ。
それが睡眠ホルモンとも呼ばれる「メラトニン」という成分です。

あまり耳慣れない「メラトニン」ですが、良質な睡眠には不可欠。
ケールに多く含まれる成分で、日光の当たる日中は分泌量が少なく、夕方から夜にかけて多く分泌されて睡眠を誘うようになっています。
ですがストレスや不規則な生活でこの「メラトニン」の分泌が乱れたり量が少なくなることで、スムーズに寝ることができなくなり、寝ても何度も目が覚めるなどの不快症状に悩まされてしまうのです。
ケールを主原料とした青汁にはこの「メラトニン」が豊富に含まれ、分泌量が減少・乱れた体内環境を整えてくれますよ。

さらに効果的に摂取するなら「+ホットミルク」

メラトニンを多く含む青汁は、寝る前に飲むのが効果的。
特に、入浴後、温まった体温が下がっていくと自然な睡眠に入りやすいため、入浴後にホットミルクに青汁を混ぜて飲むと、さらにリラックス効果も高まって良質な睡眠を得やすくなります。
カルシウム豊富な牛乳にも「メラトニン」が多く含まれるため、青汁との相乗効果もあって効果的ですよ。
さらに牛乳には、不安やイライラを解消し気持ちを穏やかにする働きや、免疫機能にも関わってくるため、寝る前の「青汁+牛乳」は最強のコンビ。
また天然の休息ハーブを使用したマインドガードと一緒に飲むのも良いですね。

青汁がもたらす睡眠改善への効果とオススメの飲み方についてご紹介しました。
睡眠不足などの不眠症の症状が続くと、疲れやすい・免疫力の低下など健康への悪影響だけでなく、イライラしやすくなったり感情のコントロールが取れなくなるなど様々な深刻なトラブルを引き起こします。
青汁なら薬ではないので副作用の心配もなく、不眠症対策として安心で効果的。ぜひお試しください。

Designed by CSS.Design Sample